福音館書店の絵本『ごぶごぶ ごぼごぼ』を読み聞かせしてみた

読者

福音館書店から出版されている0.1.2えほん『ごぶごぶごぼごぼ』はどんな絵本なの?あらすじや読み聞かせをしたときの反応が知りたいなぁ〜

このような疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』のあらすじ
  • 福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』の感想
  • 福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』を読み聞かせしたときの反応
  • 福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』はどんな子におすすめ?

福音館書店から発売されている 

0.1.2えほんごぶごぶ ごぼごぼ

はじめこの絵本を見た時

「これは面白いものなのか?」

と少々不安がありました。

 

しかしこの絵本は赤ちゃんにとって、また親にとって

最強の絵本ということが判明しました。

 

特に012歳児用の絵本は、あらすじがほぼないものが多いのでWEB上で選ぶことって難しい。

そこで『絵本ナビ』では数ページ ためし読みができますよ!

\ごぶごぶ ごぼごぼを試し読みする/

0歳児に『ごぶごぶごぼごぼ』を読み聞かせしてみた

紹介する絵本は『ごぶごぶごぼごぼ』です。

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』のあらすじ

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』はこんなあらすじです。

お水の音がする

「ぷーん」

「ぷくぷく ぷくん」

「ぷ ぷ ぷぷ ぷ」

「ざぶざぶざぶん」

・・

と一見不思議な文字と、鮮やかな円の模様が最後まで続きます。

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』の感想

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』はこんな感想です。

不思議な文章

何度か店頭でこの本を見たことはありましたが、初見の感想としては

おゆいちご

え、なにこの文。なにこの絵。

というドライなものでした。

理由は絵は至ってシンプルで、円が二重になっていたり、時々ページに円形の穴が開いていたり。円と円らしきものしか出てこないもので極め付けにページをめくると

ぷーん

しか書かれていない、私にとっては謎な絵本でした。

きっと何か意味はあるのだろうなーと思いながらも店頭で目にしたことはあったけど、その時は特段響くものがなかったので何度もスルーしました。

ですがその後、とあるテレビ番組で

この絵本がすごい絵本だということを知りました。

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』の他サイトのレビューを見る

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』は様々なサイトでレビューをみることができます。

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』を読んだ子供の反応

6ヶ月の息子に読み聞かせをした結果

「泣いている赤ちゃんにこの絵本を読んであげると、泣き止む」

という情報をテレビ番組で知った母は次の日に即購入しました。

そしてグズっていた息子に読み聞かせをすると、

しっかりと本の方を向いてじぃーっと聞いています。にっこりしながら。

 

この本、なんとお腹の中の胎動音を文字に起こしたものなのだそう。

よく読んでみれば、お水の中での音だと納得しました。

絵も、円が鮮やかな色なので子供の視界にも入りやすいです。

産まれた瞬間から読んであげたかった

この本に出会ったのは息子が6ヶ月の時。

ちょうど夜泣きが始まった頃のことでした。

夜泣きに疲れ果て、日々寝不足状態の母は、グズりが治らないとイライラが募ります。

そんなときはこの本をよく読み聞かせをしました。

おゆいちご

まるで水の中にいるような音を出すようにしながら読むのがポイントです。

 

すると読んでいる間は泣き止み、終わると少し落ち着いてくれます。

とにかく初めて読んだ時、とても感動しました。

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』のおすすめポイント

おすすめの年齢

この絵本は新生児〜1歳くらいまでの子にオススメしたいです。

理由は

  • 赤ちゃんがお腹の中で聞く音を文字にした絵本
  • この絵本を読むと赤ちゃんは泣き止む※個人差あり

ことが挙げられます。

この絵本は音が楽しいので

視力が未発達な月齢の低い子でも大丈夫です。ご出産祝いにぴったりな一冊です!

こんな子におすすめ

中でもこんな子におすすめしたいです。

  • ご出産祝い
  • 0ヶ月〜1才くらいまでの子
  • 夜泣きする子

夜泣きする子(夜泣きしているという情報がある場合)は是非試してみると面白いと思います。

福音館書店『ごぶごぶごぼごぼ』の作品紹介

  • 作品名 ごぶごぶ ごぼごぼ
  • 作 駒形克己
  • 初版 1999年4月15日
  • 発行出版社 福音館書店

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。