福音館書店の絵本『ねむたい ねむたい』を読み聞かせしてみた

福音館書店から発売されている絵本『ねむたい ねむたい』はどんな絵本なの?

あらすじや読み聞かせしたときの反応が知りたいなぁ〜

このような疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 福音館書店『ねむたい ねむたい』のあらすじ
  • 福音館書店『ねむたい ねむたい』の読み聞かせのポイント
  • 福音館書店『ねむたい ねむたい』を読み聞かせた時の反応
  • 福音館書店『ねむたい ねむたい』はどんな子におすすめ?

柳生弦一郎さんが描いたお野菜の絵本。

薄暗いところでお野菜たちがだんだんと眠くなるストーリーは

子供も、大人も眠くなってしまいます。

 

WEB上で絵本を選ぶとき

あらすじや絵本の中が見れないのでなんとなく選びずらくないですか?

『絵本ナビ』ではあらすじをご覧いただくことができます!

\ねむたい ねむたいを1ページ見る/

0歳児に『ねむたい ねむたい』を読み聞かせしてみました

今日紹介する絵本は『ねむたい ねむたい』です。

あらすじ

福音館書店『ねむたい ねむたい』はこんなお話です。

びーびー泣いてる

この絵本はいろんな野菜が出てきます。

はじめは眠たくて泣いています。

その後、眠りにつきます。

なすび、ばなな、かぼちゃ、そらまめ。

それぞれの眠る姿が独特で面白い絵本です。

読み聞かせのポイント

福音館書店『ねむたい ねむたい』はこんなところに気をつけて読むと

反応が帰ってくるかもしれません。

  • いかにももう寝そうな声で読む
  • 「○○の子はねーたーよー」を静かに読む

泣いている時は騒がしく、寝ている時は静かにメリハリをつけると

じっと聞いてくれました。

読み聞かせた時の反応

福音館書店『ねむたい ねむたい』を同じ子に0歳から2歳まで読み聞かせを行いました。

夜泣きが続く、生後3ヶ月のときに期待を込めて購入したこの絵本でしたが

ニコニコ楽しそうに聞いてくれて、寝る気配はありませんでした。

そして2歳の現在も

おゆいちご

そらまめのこも ねーたーよー

息子(2)

もう おきるのじかんだよ!

寝る気配はありません。

おすすめしたいポイント

この絵本をおすすめしたい年齢や、是非こんな子に読んでほしいところをお伝えします。

おすすめの年齢

  • 生後3ヶ月くらいから読めます!

この絵本は「眠り」がテーマなので

夜泣きが始まって夜中泣いている子や

日中なかなかお昼寝ができない子におすすめしたい一冊です。

こんな子におすすめ

なかでもこんな方におすすめしたいです。

  • 出産お祝い
  • 月齢の低い子
  • 夜泣きが始まった子

この絵本は眠たそうにしているお野菜が、暗くなって眠るというおはなし

表紙のかぼちゃが眠る姿も、

なんとそのまま横になって眠ります

つまり、同じ絵が90度回転した状態=眠っているという描写なのです。

おゆいちご

初めて見た時「!!!」となりましたが癒されます〜

是非見てみて欲しいです!

作品紹介

  • 作品名 ねむたいねむたい
  • 作者 柳生弦一郎
  • 初版 2018年10月5日
  • 発行出版社 福音館書店

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。